未分類

「アライブ がん専門医のカルテ」動画ドラマ無料配信:1話2話から最終回まで見れる動画配信サービス一覧

 

アライブ がん専門医のカルテは動画配信サービスFODで配信中!

無料期間中に退会すれば一切料金はかかりません

アライブ  がん専門医のカルテが見れる動画配信サービス一覧

サービス名 配信状況 無料期間 月額 作品数 公式サイト
2週間無料 1026円 50,000本以上 公式サイト
31日間無料 1990円 130,000本以上 公式サイト
Paravi 2週間無料 1017円 8,000本以上 公式サイト
1か月間無料 888円 20,000本以上 公式サイト
31日間無料 550円 120,000本以上 公式サイト
30日間無料 933円~ 10,000本以上 公式サイト





アライブ がん専門医のカルテの予告動画

アライブ がん専門医のカルテのあらすじ

日本では脳腫瘍内科はTVドラマ初であり、圧倒的にリアルでありながら最高のがん治療の現状を扱う医療ドラマとしては全く新しい意欲作であり、医師の心と外科医の薫という最高のタッグを組む二人は、この冬に最も暖かく最も感情的な医療ヒューマンドラマであり、2人を中心にがん治療の最前線で戦う医師と患者を描いている。

アライブ がん専門医のカルテのキャスト

松下奈緒/木村佳乃/清原翔/岡崎紗絵/中村俊介/三浦翔平/田辺誠一/藤井隆/木下ほうか/高畑淳子/北大路欣也

■脚本:倉光泰子

■音楽:眞鍋昭大

■主題歌:「はるどなり」須田景凪

■プロデュース:太田大/有賀聡

■演出:髙野舞/石井祐介/水田成英

1話:原発部位が不明のがん

恩田心は、横浜港総合病院の腫瘍医。さまざまな症状のがん患者と向き合い毎日忙しくしていた。この日、心は担当の小坂民代に再発を発表した。民代にとって、幾度とない経験だった。一息する間もなく、化学療法室から緊急電話がかかってきた。結城と一緒に急いで診療所に行ったところ、初診時の男性患者が倒れたという。心は落ち着きを取り戻すために適切な措置を講じるが、紹介状に添えられたカルテを見ると、心は違和感を覚える。消化器外科の部長である医師に生検を勧めようとするが、勝手に人の患者を診察するなと言われる。仕事を切り上げ別の病院に向かった。 3ヶ月前の事故で意識を失った夫を見舞うためだった…。

2話:知られざる、男性の乳がん

恩田心が所属する腫瘍内科に乳腺科から、乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。患者は日ノ原徹という男性。男性の乳がん患者は、その存在をあまり知られていない。部長の阿久津晃は光野守男を担当に指名した。日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんであったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査をすすめる。さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は、なおさらと検査を勧めるが渋られてしまう。乳がんにかかったことを「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だが…。 

3話:愛する家族との最期の時間

恩田心に、夫の匠の容態が急変したと関東医科大学付属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫と共に駆けつける。京太郎と漣と一緒に、担当医・須藤進から状況の説明を受ける。心が担当する末期がん患者、木内陽子の容態が悪化する。腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男と阿久津晃は否定する。緩和治療への切り替えについては、研修医の結城涼と夏樹奈海の意見も割れる。
休憩中、心は薫に、匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが・・・。

4話:愛する人の死の受け入れ方

心の夫、匠の告別式が行われる。参列した薫だが、心に声をかけることが出来ない。葬儀を終えた心は、悲しみを抱えながらも日常に戻ろうと、数日後から勤務を再開する。阿久津や光野は心配するが、心は「仕事をしている方が気が紛れる」と気丈にふるまう。その言葉通り、以前より仕事に打ち込んでいく心だが、突然、警察から京太郎に関しての連絡を受ける。
一方、薫は、匠の死に繋がる真相を心に言えないでいた。思い悩む薫の元に、先日薫と偶然の出会いを果たしていた関河隆一が姿を現し、真の目的を打ち明ける。
愛する人を失ったとき、遺された家族は、悲しみをどう乗り越えていくのか―。

5話:離婚調停中の母と希少がん

心は阿久津晃のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎、漣たち家族と、匠を亡くした悲しみを共有することが出来た。そうして仕事に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一が接触してくる。心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学付属中央病院で薫が起こしたとされる医療過誤問題だった。しかし、心に思い当たる節はなく、「関河には気をつけるように」と話す。そんな心と薫の会話を高坂民代が聞いていた。
心が新たに担当したのは長尾春香という女性患者。はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に心は、患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの1つで全般的に抗がん剤が効き辛く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。しかし、春香は仕事があるので入院は無理だと頑なだった。

6話:癌の標準治療と民間療法

心は夫・匠が手術中のミスが原因で亡くなったことを薫に知らされる。しかも、薫はその時に手術をしていたのは担当医の須藤進ではなく自分だったと告白。数日後、薫は退職願を消化器外科部長の美川史郎に提出したが、手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。心が担当する高坂民代もその1人。しかし、心は薫を避けるように・・・。
ある日、心が医局にあったペットボトルの水に手をのばそうとすると光野守男に止められる。“がんが消える効能がある”とうたった水で、元患者が院内で無断配布していたのを回収したという。初回は無料だが次回から高額販売しているらしく、阿久津晃、心たちは憤りを隠せない。
心は結城涼と新たな患者、土方絵麻と父・徳介、母・律子に治療方針を説明。心が、抗がん剤治療をしてからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。

7話:孤立する高齢の親子とがん

心は匠の死が、薫ではなく須藤による医療ミスだったことを関河隆一に知らされた。心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。薫の心中は複雑だった。
心は新たに武井正弘という患者を担当。武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。がん性胸膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。結城涼は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持ったが…。

8話:18歳の少年が抱えるがん

心は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代に理由を尋ねる。動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と薫の関係を心配していた。薫に会った心は、病院を辞めるのかと問う。
そんな時、高校生の井上和樹が入院してくる。和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えていたが再発してしまった。心と一緒に和樹と会った夏樹奈海は医局で光野に、かつて和樹が入院していた時の様子を聞く。光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。

9話:妊娠中にがんになったら

心と薫が、婦人科医の前園に呼び出される。前園は「切迫流産で緊急入院した静の胎児をエコーで確認したところ気になる部分が見つかった」と2人に話す。静はかつて大腸がんで入院したときに心が担当した患者だが、肝臓への転移が見つかっていた。カンファレンスで、心たち医師たちは、がん治療のために静の妊娠継続は難しいと一致した。心と薫は静の病室へ行き、病状を説明。心は妊娠の継続が困難で、静の命を優先させたいと告げる。しかし、静に中絶の選択肢はなく、その意思はゆるぎないものだった。静に付き添っている夫の敬にも、やっと授かった子供だと中絶への同意は得られなかった…。

10話:すい臓がんと、最後の試練

心と薫が担当する、すい臓がんの患者、佐伯の弟、隼人が、兄を転院させると申し出てきた。芳雄はこのまま横浜みなと総合病院での手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院へ転院させようと譲らない。心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことになった。
一方、結城と奈海の研修期間が終わろうとしていた。阿久津はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばならない理由があるようだったが…。

最終回 11話:乳がん再発を乗り越えて

心と薫は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、再発が判明した。その告白を受けた心は、2人で乗り越えようと誓い合う。しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。
一方、心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。医師としての将来を思う阿久津にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることが出来ない。また、研修期間が終わろうとしている結城と夏樹も、どの科に行くか迷っていたが…。

アライブ がん専門医のカルテの動画を無料で高画質で見るにはFODがおすすめ

アライブ がん専門医のカルテは動画配信サービスのFODで無料で見ることができます。

動画配信サービス(VOD)

  • 2週間~1か月の無料期間がある
  • 月額500円~2000円
  • 高画質
  • 広告なし
  • 検索がしやすい
  • ウイルスの心配がない

海外サイト

  • 無料
  • 低画質
  • 広告がじゃま
  • 見たい動画を探すのが手間(英語で検索する必要がる)
  • たまにウイルスにかかる

高画質で快適に動画を楽しみたい方は動画配信サービスを利用することをおすすめします。

動画配信サービスには2週間から1か月の無料期間があるので、高画質で楽しみたい方はまずは無料体験を利用することをおすすめします。

 

ディズニー

 

-未分類

Copyright© アニメ ドラマ動画無料ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.