未分類

「Dr.コトー診療所」動画ドラマ無料配信:1話2話から最終回まで見れる動画配信サービス一覧

 

Dr.コトー診療所は動画配信サービスFODで配信中!

無料期間中に退会すれば一切料金はかかりません

Dr.コトー診療所が見れる動画配信サービス一覧

サービス名 配信状況 無料期間 月額 作品数 公式サイト
2週間無料 1026円 50,000本以上 公式サイト
31日間無料 1990円 130,000本以上 公式サイト
Paravi 2週間無料 1017円 8,000本以上 公式サイト
1か月間無料 888円 20,000本以上 公式サイト
31日間無料 550円 120,000本以上 公式サイト
30日間無料 933円~ 10,000本以上 公式サイト





Dr.コトー診療所の予告動画

Dr.コトー診療所のあらすじ

「Dr.コトー診療所」は、離島医療に一心に取り組む若手の医師・五島健助健助とその島民を描いたヒューマンドラマです。

島民同士の家族以上の濃い結びつきが丁寧に描かれています。

Dr.コトー診療所のキャスト

吉岡秀隆/柴咲コウ/時任三郎/大塚寧々

石田ゆり子/千石規子/泉谷しげる/筧利夫/小林薫

1話:美しい南の島から、心温まる感動の物語

五島健助(吉岡秀隆)は、将来有望な医師として東京の病院で働いていた。しかし、健助は医者がいない孤島への異動を希望した。南の島の村にやってくるも、医師の招聘に積極的な民生課課長・星野正一(小林薫)以外の村人たちは、頻繁に出入りする医師を信用せず、健助も変わりものだと思われていた。それでも、健助は、星野の娘で看護士の彩佳(柴咲コウ)と一緒に診療所に患者が来るのを待っていた。
ある日、漁師の原(時任三郎)の一人息子・剛洋(富岡涼)が急性虫垂炎を患った。健助は緊急の手術が必要だと判断したが、原は村の医者を信用できないと本土の医者に診せるため剛洋を漁船に乗せ港を離れた。剛洋が本土に着くまでの6時間も耐えられなと考えた健助は彩佳と一緒に漁船に飛び乗った。

2話:故郷で暮らす母へ

五島健助(吉岡秀隆)が医者としてこの島に来てから数週間たった。 剛洋(富岡涼)を船上で手術したことで、変人と噂されたが、剛洋だけは健助を信じるようになった。 クリニックの看護士である彩佳(柴咲コウ)は、健助をコトー先生と呼び、村人の話をした。 そんな中、コトーは、内つる子(千石規子)という長老に興味があった。 コトーはつる子の目の腫れに気づいていた。
そして数日後、コトーの不安が現実になった。 つる子は血を吐き、息子の誠(國村隼)に連れて来られた。 診察の結果、腹部の血管が腫れ上がっていて放置すると血管が破裂、命にも関係する事態だという。 しかし、つる子は本土への転院や手術を拒否する。コトーはついに彼自身を手術することを決める。

3話:赤ちゃんを助けて

剛洋(富岡涼)とつる子(千石規子)を立て続けに助け、コトー(吉岡秀隆)に対する島民の印象が少しずつ変わり始め、診療所に島民がやってくるようになった。
一方、彩佳(柴咲コウ)と訪ねた坂野家で、妊婦であるゆかり(桜井幸子)と出会ったコトーは、足のむくみを確認し、診療所へ来るよう勧める。ところが風邪を引いている義母をしたゆかりは、診療所に行く前に実家を訪ねた台所で倒れる。
コトーは急いでは坂野家に向かい、ゆかりを妊娠中毒症のため子癇と診断した。しかし、初めての経験で困ったため、東京の原沢咲(石田ゆり子)に電話する。対応が遅くなると母体に危険が及ぶため、すぐに手術するようアドバイスを受ける。しかし、島には早産に対応する設備はない。コトーは本土への搬送と受け入れ先確保のため電話をかけますが、ゆかりの症状は悪化し続ける。坂野家だけでなく、コトーも、子供をあきらめて母親を助けるという苦しい選択を強いられる。迷った結果、コトーは母体を助ける方法を選択しようとし、手術を決意する。

4話:病気を診るな、人を診ろ

ある日、芦田ゆき(木村佳乃)という女性が診療所に来た。咲(石田ゆり子)の後輩であるというその女性は、コトー(吉岡秀隆)の診療所について聞き、東京からやってきたと語った。彩佳(柴咲コウ)は突然の女性客に不快感を覚える。
同じころ、代議士・芦田(竜雷太)が島にやってくる。秘書の純一(井澤健)は島出身。星野(小林薫)と安藤(泉谷しげる)が駆けつけて大歓迎した。その後、純一は芦田を母親の広子(白川和子)のもとに連れて行ったが、芦田は急いでおり純一にすぐに車を出すよう命じた。純一が車をバックさせようとしたとき、バックミラーに広子が写り、車は家の前に掛けてあった木材にぶつかる。広子は倒れてきた木材を避けられず、転んで、足を怪我した。純一はすぐに広子を心配したが、何もないという言葉を聞き、芦田もまた車を出すよう促した。
その日、芦田は島にゴミ捨て場を建設する計画があることを発表したが、強い反発を受けた。母親の状態が気になった純一だったが、ゴミ捨て場の建設を島の人々に納得させるため、翌日の講演会の原稿を書き直すよう命じられ、広子の様子を確認できなかった。
そして翌朝、実家で丸太のように足が腫れている広子をようやく見つけ、コトーの診療所へ連れていく。

5話:手術で治せない病

芦田(竜雷太)は、ごみ処理場建設の講演中に倒れ、コトー(吉岡秀隆)の診療所に連れてこられる。芦田は娘のゆき(木村佳乃)がいることに驚く。しかし、一週間入院するように言われた芦田は落ち着いておらず、仕事だけが気になる。
その間、芦田の秘書である純一(井澤健)の母、広子(白川和子)がいなくなった。足の状態が良くないにも関わらず、芦田の病状を心配する広子は神社にお参りをした。コトーと純一に発見された広子は足の切断を避けることができ、お札ははゆきを経由して芦田に渡された。しかし、自分の状況を受け入れることができない芦田は、彼女の好意を素直に受けとることができない。
芦田親子に振り回されてイライラした彩佳(柴咲コウ)は茉莉子(大塚寧々)の店に行った。ところが、茉莉子は離れている息子が行方不明になったというニュースで傷心していた。

6話:愛するわが子へ

往診中、コトー(吉岡秀隆)と彩佳(柴咲コウ)はつる子(千石規子)から見たことのない少年を紹介された。 その少年は、東京に住むはずの茉莉子(大塚寧々)の息子、竜一(神木隆之介)だった。 息子が東京を離れたことを知らされていた茉莉子は、竜一に会った直後に東京に戻るように言った。 ぎくしゃくする親子を見かねた原(時任三郎)は、夕食に誘い、茉莉子と竜一が話す場を提供する。 しかしその直後、竜一は行方不明になった。 一緒に遊ぶように言われた剛洋(富岡涼)は責任感を感じ、コトーと島中を探索した。 当時竜一は崖から転落してけがをしていた。

7話:巣立ち

茉莉子(大塚寧々)の息子である竜一(神木隆之介)はコトー(吉岡秀隆)の治療を受けて順調に回復し、治るまで島に留まった。茉莉子もお母さんの顔になり、息子と一緒に過ごすことを喜んでいる。
そんな中、重雄(泉谷しげる)の娘リカ(伊藤歩)が久しぶりに帰ってくる。東京で美容師になるために一生懸命働いている自慢の娘である。港まで迎えに行った重雄だったが、船の上のリカを見て驚いた。彼女は妊娠していた。大きなショックを受けた重雄は、リカを診療所に連れて行き、出産は絶対に許さないと言った。もう臨月だと伝えるコトーに対し、無茶苦茶に怒鳴りだす。
島に残っているリカの唯一の幼なじみの彩佳(柴咲コウ)は、重雄の理解を得て出産するべきだと話す。しかし、現実を受け入れられない重雄はリカと再び口論となり、家を出てしまう。ところがその時、リカは突然産気づいた。台風が近づいて嵐が激しくなる中、コトーとつる子(千石規子)は......

8話:救えない命

本土での研修を終えて、島に戻ってきた和田は、島に帰る船に乗っていた素敵な女性と運命的な出会いをしたことをみんなに喜んで伝えた。彩佳(柴咲コウ)はもちろん若い漁師たちは懐疑的だ。ただ、コトー(吉岡秀隆)だけは素直に喜んだ。ところが急にクリニックに来た女性を見たコトーは目を疑う。それは原沢咲(石田ゆり子)だった。咲の話はすぐに島民の間に広がった。重雄(泉谷しげる)は原(時任三郎)と茉莉子(大塚寧々)に結婚して島で開業するのか、それとも東京に戻るのかと噂を広げる。
その頃、コトーは咲から島に来た本当の理由を聞いていた。海外勤務する同僚に誘われたが、一人では決断できないとのこと。しかし、コトーも答えに迷う。
その時、一夫(納谷真大)は父・明夫(今福將雄)の様子がおかしいと言って診療所に駆けつけた。コトーは明夫のことをずっと気にしていて、すぐに家を訪ねる。
コトーは明夫を癌と診断した。彼は本土での検査と手術を一夫と妻の道子(森上千絵)に勧めた。ところが、その直後に星野(小林薫)から、明夫が知らない医者よりコトーに手術されることを希望していると聞き、診療所で手術することにした。咲に助手を頼んだ。しかし、咲はこの決定に反対する。コトーの負担になるだけでなく、島の医療がコトーの自己犠牲で成り立っているからだ。彩佳と咲は対立してしまう。
そして数日後、コトーは明夫の想いを叶え、診療所で手術を開始する。

9話:暴かれた過去

茉莉子(大塚寧々)の店に重雄(泉谷しげる)らが集まり、コトー(吉岡秀隆)のことを話していると、東京の週刊誌レポーター・巽健司(津田寛治)が話しに入ってきた。彼は評判の良い医者について書きたいと言う。重雄は、島に来たコトーの功績について熱心に語る。しかし、巽はコトーに対して深い恨みを抱いていた。
巽は茉莉子や他の島民に、裕福な患者を優先して高校生を殺害したという彼が過去に書いた記事のコピーを配り始める。彩佳(柴咲コウ)と和田(筧利夫)は不安になる。その高校生の兄・巽は恨みを忘れず、コトーを追って島に来た。噂はあっという間に島中に広まり、島民たちは懐疑的だったが、誰も診療所を訪れなくなった。
島への医師誘致も担当する星野(小林薫)は、コトーから島の人の前で週刊誌の噂について説明したいとの申し出を受ける。星野はコトーが島に留まらないのではないかと恐れていたが、しぶしぶ了承した。ところが、会場の公民館に向かおうとする巽の車の前に、剛洋(富岡涼)をはじめとする4人の子供が立ちはだかる。

10話:この島を出て行け

コトー(吉岡秀隆)は、土砂に埋もれて重傷を負った巽(津田寛治)と信一(斉藤大貴)を手術した。信一は退院し、巽の容態も問題ない。ところが、山下(船木誠勝)は、息子・信一の前に巽の手術をしたコトーを信じられない。山下は息子の手術を後回しにされたことを思い出すと、眠れないという。これを知った重雄(泉谷しげる)は診療所行って、コトーに島を出てるよう伝えた。彩佳(柴咲コウ)と和田(筧利夫)は、コトーは島に必要な医者だということを心から訴えるが、原(時任三郎)と一部の人間以外には賛成してもらえない。コトーを島に招いた星野(小林薫)は、コトーの待遇に頭を抱えていた。一方、コトーは巽の退院を決め、あの日のことを打ち明ける。

最終回 11話:新たな旅立ち

退職願を残して島を去ったコトー(吉岡秀隆)は、かつて勤務していた大学病院からの執刀依頼に応えるため、東京へ向かう。 胃がんを発症した元担当患者が、コトーの手術を望んでいるという。しかし、その依頼には大学病院内の政治的事情が関係していた。 手術が成功する可能性は非常に低く、成功した場合は外科部長の手柄に、失敗した場合は責任を負う可能性がある。
一方、星野(小林薫)はコトーの一件に責任を感じ、腹痛を訴えて寝込んでいた。彩佳(柴咲コウ)や和田(筧利夫)がとても心配している。 つる子(千石規子)は薬を持って星野家を訪れるが、翌日星野は…。

「Dr.コトー診療所」の動画を無料で高画質で見るにはFODがおすすめ

「Dr.コトー診療所」は動画配信サービスのFODで無料で見ることができます。

動画配信サービス(VOD)

  • 2週間~1か月の無料期間がある
  • 月額500円~2000円
  • 高画質
  • 広告なし
  • 検索がしやすい
  • ウイルスの心配がない

海外サイト

  • 無料
  • 低画質
  • 広告がじゃま
  • 見たい動画を探すのが手間(英語で検索する必要がる)
  • たまにウイルスにかかる

高画質で快適に動画を楽しみたい方は動画配信サービスを利用することをおすすめします。

動画配信サービスには2週間から1か月の無料期間があるので、高画質で楽しみたい方はまずは無料体験を利用することをおすすめします。

 

ディズニー

 

-未分類

Copyright© アニメ ドラマ動画無料ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.