未分類

「医師たちの恋愛事情」動画ドラマ無料配信:再放送を待たずに1話2話から最終回まで見れる動画配信サービス一覧

 

医師たちの恋愛事情は動画配信サービスFODで配信中!

無料期間中に退会すれば一切料金はかかりません

医師たちの恋愛事情が見れる動画配信サービス一覧

サービス名 配信状況 無料期間 月額 作品数 公式サイト
2週間無料 1026円 50,000本以上 公式サイト
31日間無料 1990円 130,000本以上 公式サイト
Paravi 2週間無料 1017円 8,000本以上 公式サイト
1か月間無料 888円 20,000本以上 公式サイト
31日間無料 550円 120,000本以上 公式サイト
30日間無料 933円~ 10,000本以上 公式サイト





医師たちの恋愛事情の予告動画

医師たちの恋愛事情のあらすじ

守田春樹(斎藤工)は、365日・24時間、患者を救うことだけを考える心優しい医師であり、利益と権威を第一にする大学病院の体制に反発を覚える正義感の強い男だった。
そんな春樹が赴任してきた大学病院は、さまざまな欲望が渦巻いている場所だった。そこで春樹は、外科医の先輩で、仕事に没頭する日々を過ごす中で婚期を逃した近藤千鶴(石田ゆり子)に出会い、徐々にひかれていくー。
大学病院を舞台にして、それぞれ「悩み」を抱えながらも、出世争いや恋愛、不倫・三角関係など、さまざまな欲望が渦巻く中で生きていく医師たちを描く、「医療ドラマ」と「恋愛ドラマ」が融合した「医療ラブストーリー」。

医師たちの恋愛事情のキャスト

斎藤工
石田ゆり子
相武紗季
平山浩行

三宅弘城
板谷由夏
伊原剛志
生瀬勝久

1話:ルールと衝突!熱血ドクターが恋に落ちたのは鉄の女!!

外科医の守田春樹(斎藤工)は、己の腕を磨くべく、江洋医科大学附属病院の第一外科准教授の先輩である仁志祐介(伊原剛志)を頼りに同病院に移籍することになる。

ホテルで仁志と会っていた春樹は、披露宴会場で来客のひとりが吐血して倒れたことを知ると、現場に駆けつける。するとそこでは披露宴に出席していた江洋医科大学附属病院の外科医・近藤千鶴(石田ゆり子)がすでに処置にあたっていた。ところがそこに千鶴の担当患者の容体が急変したとの知らせが入ってくる。春樹は千鶴に「ここは自分が引き継ぐ」と申し出る。

あくる日、春樹は江洋医科大学附属病院を訪れると、再会した千鶴に対し、一緒に働くことになったことを伝える。

そんな朝、カンファレンスルームでは経営本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)がシングルマザーの麻酔医・河合奈々(相武紗季)、第一外科講師の高橋宗太郎(平山浩行)、内科医・市川友子(板谷由夏)らスタッフの前で話をしていた。渡辺は、そこで不貞行為を働いた医局長を退職させたことを報告すると、今後は院内の恋愛トラブルに対し厳しい対処をする旨を通達する。春樹は、先輩医師の大根良太(三宅弘城)から、紹介状に書いてあること以外は診るなとの忠告を受けると、さっそく外来患者の診察にあたることになる。しかし春樹は、紹介オペの患者を自分の判断で帰してしまい大根と衝突してしまう。そんな最中、春樹は千鶴の担当患者で、間もなく退院予定だった三浦が体の不調を訴えていることを知る・・・。

2話:命がけの決断!!

守田春樹(斎藤工)は、担当患者の死に強い衝撃を受けている近藤千鶴(石田ゆり子)を抱きしめる。だが、その姿を高橋宗太郎(平山浩行)に見られていた。千鶴はルール違反のオペをしたことに対する罰則として、通常より多くの業務をこなさなければならなくなった。ある夜、ともに当直になった千鶴は、「この間のことは忘れるから」と春樹に告げる。続けて、優しすぎる医者はここではやっていけないと忠告する。すると春樹は、「優しいから抱きしめたのではなく近藤先生だから」だと答え・・・。

その頃、江洋医科大学附属病院の第一外科では、千鶴と宗太郎のどちらが次期医局長になるかに注目が集まっていた。千鶴の親友で内科医の市川友子(板谷由夏)や、麻酔医の河合奈々(相武紗季)は、千鶴に医局長になってほしいと言い、准教授の仁志(伊原剛志)や病院の実権を握る経営本部長の渡辺(生瀬勝久)も、ある思惑の上で千鶴を医局長に推していた。

そんなある夜、春樹は疲れて眠ってしまった千鶴の代わりに、腹痛を訴えていた患者の処置をする。目を覚ました千鶴からお礼をすると言われた春樹は、お礼の代わりに今度食事に行きましょうと誘う。そこに、春樹の元交際相手である由梨絵(小松彩夏)から、助けを求める電話が入ってくる。

3話:宿る命、始まる恋

守田春樹(斎藤工)は、近藤千鶴(石田ゆり子)と高橋宗太郎(平山浩行)がキスしているところを目にする。そこへ、術後の患者の容体が急変したとの知らせが入ってくる。3人は病室へと急いで駆けつけると処置にあたった。

あくる朝、医局に見知らぬ女性・白石久仁子(床嶋佳子)が現れる。久仁子は寝袋で寝ていた春樹に声をかけると医局を出ていってしまう。大根良太(三宅弘城)は入れ違いでやってくると、春樹が年上の女性を連れ込んだと千鶴に言う。

そんな中、解体中の建物の倒壊に巻き込まれた菊池正文(今野浩喜)と、10歳年上の妻・なつみ(須藤理彩)が急患として運び込まれてくる。なつみは、妊娠12週だった。春樹は正文の、千鶴は産科医とともになつみの処置にあたる。正文は右肩を脱臼していたが、なつみのケガは軽く、お腹の子も無事であった。

カンファレンスルームでは、経営本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)が、第一外科教授の永島淳三(金田明夫)の退職を報告する。研究費の不正流用があったというのだ。大根は、「さんざん教授にゴマをすっていたのに残念だったな」と宗太郎をからかう。永島は、仁志祐介(伊原剛志)が教授室にやってくると、「自分がいなくなれば次の教授は君だろう」と告げる。

そんな最中、春樹は、宗太郎が看護師と抱き合っているところを目撃してしまい彼と言い争いになる。千鶴の唇は柔らかかったと宗太郎から挑発された春樹は、思わず彼につかみかかり・・・。

4話:あなたを守りたい

守田春樹(斎藤工)は、乳頭部がんの手術を受けるために転院してきた患者・柏木誠司(鶴見辰吾)が、近藤千鶴(石田ゆり子)のかつての婚約者だったことを知る。春樹は仁志祐介(伊原剛志)から、柏木がかつて江洋医科大学附属病院に勤務していた医師であること、ある出来事がきっかけで婚約が破談になったことを聞き、千鶴のようすが気になって仕方ない。

柏木の希望で彼の手術は千鶴が執刀医を務めることになる。春樹は、千鶴の助手をやらせてほしい、と第一外科医局長の高橋宗太郎(平山浩行)に申し出る。経営本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)は、古い知り合いでも余計に感情移入はしないように千鶴に忠告する。
その夜、千鶴は、河合奈々(相武紗季)や市川友子(板谷由夏)と食事に出かける。そこで、友子が妊娠したこと、父親が仁志であることを知らされ、驚く千鶴たち。「沢山の人を傷つけてしまうから産まない方がいい」と言う友子に、奈々は最低だと怒りをぶつけて店を飛び出してしまう。千鶴は、感情に流されずにもう一度考えてみてほしい、と友子に助言するのだが・・・。

そんなある日、外来に来ていた患者が倒れる騒ぎが起きる。その患者とは、春樹の母親・和佳子(根岸季衣)だったー。

5話:衝撃の夜

医大生4人が、守田春樹(斎藤工)たちが勤務する江洋医科大附属病院の第一外科に研修体験にやってくる。そのなかのひとり、あずさ(東加奈子)は、案内役を務めていた近藤千鶴(石田ゆり子)に対し、仕事と恋愛は両立できるのか尋ねる。千鶴は、予想しなかった質問に驚きながらも、外科医はプライベートを犠牲にしなければならない職業だと返答する。

高橋宗太郎(平山浩行)は、VIP患者・伊崎(平岳大)の退院を見送る。その際、伊崎は、河合奈々(相武紗季)に渡してほしいと宗太郎に名刺を手渡す。だが、それを預かった宗太郎は、名刺を握りつぶしてしまう。

市川友子(板谷由夏)は千鶴を訪ねて第一外科の医局にやってくると、そこで仁志祐介(伊原剛志)に出くわす。仁志から、お腹の子のことを尋ねられた友子は、もういないと答える。偶然その会話を聞いていた春樹は、友子に真相を尋ねるのだが・・・。

一方、経営本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)は、第一外科の売り上げ停滞を問題視しており、顧客単価を上げるため、通常の開腹手術よりも点数の高い内視鏡手術の件数を増やすように指示を出す。春樹はその提案に反発するが、体への負担が少ない内視鏡手術の方が患者のためになるのではないかと渡辺に指摘されて反論ができなかった。

そんな折、麻酔医の奈々が手術予定時刻になっても現れないという騒動が起こる。そこで春樹は、「責任は自分がとる」と宣言すると、奈々の代わりを務めることにー。

6話:揺れる想い・・・

かつての恋人・由梨絵(小松彩夏)が、守田春樹(斎藤工)のもとに助けを求めてやってくる。由梨絵は腹痛を訴え春樹に抱きつく。その光景を見た近藤千鶴(石田ゆり子)は、複雑な心境であった。以前から痛みを我慢していた由梨絵は、春樹のそばにいたい、と懇願する。暴力を振るう恋人の貴也(加藤厚成)と別れたくても彼から逃げることができないのだという。春樹は、ここにいればみんなが守ってくれるから、と優しく由梨絵にほほ笑んだ。

同じころ、病院の屋上で市川友子(板谷由夏)と仁志祐介(伊原剛志)の妻・恵美(櫻井淳子)が対峙していた。恵美は、友子に金が入った封筒を差し出すと、主人と別れてほしい、と切り出す。その時、友子はふいに気分が悪くなるとその場にうずくまってしまう。物陰からふたりの様子を見守っていた仁志は、友子に駆け寄って手を貸そうとする。しかし友子は彼の手を振り払うと、「仁志とは別れる」と言い残し立ち去る。残された仁志は、友子が自分の子を身ごもっていることを恵美に告げる。

春樹と由梨絵が近しい間柄ということで、彼女の担当医は千鶴が務めることになる。医局長の高橋宗太郎(平山浩行)は、由梨絵と関わるのは止めるよう春樹に忠告する。それに対して春樹は、「いま由梨絵をひとりにすることはできない」と返すのだが、宗太郎からはそういう態度が千鶴を傷つけている、と怒りをぶつけられ・・・。

7話:今夜、反撃開始!!

関連病院からの紹介でやってきた男性患者・星野(笠原秀幸)を守田春樹(斎藤工)が診察することになる。星野は、進行胃ガンで腹膜播種も疑われており、前の病院ではさじを投げられていた。春樹は、いろいろな可能性を探るから一緒に頑張ろうと星野を励ます。しかし近藤千鶴(石田ゆり子)からは、無責任に希望を抱かせる言動はどうなのかと責められる。具体的な治療方法が見つからない限りは「可能性」という言葉は患者に伝えるべきではないというのだ。

カンファレンスでも星野の治療を巡り春樹と経営本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)が対立していた。渡辺は、病院の方針に逆らうのならそれなりの措置をとると春樹に告げる。そこで仁志祐介(伊原剛志)は原発巣をとる手術だけでも行うのはどうかと提案すると、教授の白石久仁子(床嶋佳子)は了承する。

千鶴は、入院中の春樹の母・和佳子(根岸季衣)が、春樹と元恋人の由梨絵(小松彩夏)が復縁することを望んでいると知る。和佳子は、春樹が一緒に生きていく家族を早く見つけてくれることを強く願っていたのだ。一方、市川友子(板谷由夏)は、仁志との子どもを産むことにしたと河合奈々(相武紗季)に明かす。奈々は、全力で応援する旨を友子に伝える。

そんな折、春樹は、星野の治療に関して、千鶴にある方法を提案するのだが・・・。

8話:3つの運命

守田春樹(斎藤工)は、整形外科から転科してきた岩瀬重雄(岩松了)の担当になると、手術の日程を相談しに彼の元に赴くのだが、岩瀬は死んでも構わないと手術を拒む。

同じころ、近藤千鶴(石田ゆり子)も、仕事中毒のキャリアウーマン・朝倉貴子(MEGUMI)から手術を拒否されていた。また、高橋宗太郎(平山浩行)も、幼い3人の子どもを抱えたシングルマザーでキャバクラ嬢の前川留美(岩佐真悠子)から、お金がないという理由で手術を断られていた。

別の日、春樹の元恋人・由梨絵(小松彩夏)が退院することになり、春樹に駅まで送ってもらうことになる。そこで由梨絵はいまでも春樹のことが好きだと告白する。

一方、河合奈々(相武紗季)は、宗太郎の息子・悠馬(矢村央希)が骨髄移植を受ける必要があることを知る。しかし、悠馬と母親の菜穂(上野なつひ)とはHLA=ヒト白血球抗原が適応せず、現在は宗太郎と適合するかどうかを調べているのだという。泣いている菜穂の姿を目の当たりにした奈々は、千鶴や市川友子(板谷由夏)に複雑な想いを打ち明ける。その際、奈々から春樹との関係を問われた千鶴は、もう止めたと答えるのだが・・・。

岩瀬は、壊死(えし)した右足を切断しなければ命にかかわる状態であった。春樹は改めて岩瀬の説得を試み、家族に相談してはどうかと話す。しかし岩瀬は、家族なんかいないと言い背を向けてしまう。そんな折、留美、そして貴子の容体が相次いで急変する。

9話:不器用な恋の行方

近藤千鶴(石田ゆり子)の元婚約者・柏木誠司(鶴見辰吾)と、守田春樹(斎藤工)が再会した。手術後の経過を春樹に診てもらった誠司は、勤めていた病院を辞めて開業すること、その病院に千鶴を誘ったことを春樹に伝える。その場で誠司は「フェアにいきたい」と伝える。

別の日、かねてから新しいナビゲーションシステムの導入を要望していた千鶴は、カンファレンスの最後に、その件についての経過を尋ねる。経営本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)からは、費用対効果が得られないと判断し見送ったと返される。異議を唱える春樹や仁志祐介(伊原剛志)に対し、教授の白石久仁子(床嶋佳子)や渡辺は、予算には限りがあるのだから購入費用をねん出するには人件費を削るしかないと言い渡す。その発言を契機に、第一外科でリストラがあるかもしれないといううわさが病院内で広がることになる。

一方、息子・悠馬(矢村央希)の骨髄移植のドナーになるために医局長の高橋宗太郎(平山浩行)はシフトを変更する。その際、宗太郎は、悠馬の父親は死んだことになっているからそのつもりでいて欲しいとスタッフに頼むのだが、春樹だけはなぜうそをつかなければいけないのかと納得がいかなかった。

そんな折、白石と渡辺は、辣腕(らつわん)経営者として知られる超VIP患者・辺見義剛(名高達男)の主治医を、仁志ではなく春樹に任命させる・・・。

10話:ふたりの約束

これまでの度重なるルール違反行為を理由にして、経営本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)と第一外科教授の白石久仁子(床嶋佳子)は守田春樹(斎藤工)へ退職勧告を言い渡す。すると近藤千鶴(石田ゆり子)は、「人件費削減が目的ならば春樹の代わりに自分が辞める」と言い出す。

その夜、謝罪する春樹に対し、千鶴はちょうどいいタイミングだったから気にする必要はないと返す。そして、母親の肝臓移植を執刀したい気持ちを諦めないでほしいと彼に告げる。

そんなある日のこと、病院内で思わぬ事件が起きる。渡辺が意識を失って倒れてたのだ。発見者だった春樹は、渡辺の検査を行うと、彼が末期の肝臓がんであることを知る。その事実に高橋宗太郎(平山浩行)ら第一外科のスタッフも衝撃を受ける。しかし渡辺は、治る見込みのない顧客がベッドを埋めるのは無駄だと主張し、ただちに退院の手続きをするように春樹に命じる。春樹は、せめて食事が取れるまでは入院してほしいと説得するのだがー。

別の日、千鶴と市川友子(板谷由夏)は、河合奈々(相武紗季)と彼女の息子・真人(加藤瑛斗)と一緒に公園を訪れていた。奈々、そして友子も、それぞれある大きな決断をしていた。千鶴はふたりからその話を聞くと・・・。

最終回 11話:最後に出した答え

守田春樹(斎藤工)と近藤千鶴(石田ゆり子)はお互いの気持ちを確かめ合った。ある朝、千鶴は、いつものように自宅に帰らず、医局で眠っていた春樹に朝食を差し入れる。春樹の提案により病院の屋上で“朝食デート”をするふたり。誰かに見られそうと落ち着かない千鶴に対し、春樹は今度は本当のデートをしようと言ってほほ笑む。

高橋宗太郎(平山浩行)は、河合奈々(相武紗季)にプロポーズするが、承諾の返事はもらえずにいた。ある日、宗太郎は「お前には俺を後押しする義務がある」と言って春樹に相談を持ちかける。

一方、市川友子(板谷由夏)は、実家に戻りそこで出産することを仁志祐介(伊原剛志)に告げる。仁志からは、離婚が決まったこと、本部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)に辞表を提出したことを明かされる。驚いた友子は、自分の正直な想いを仁志に伝える。

別の日、仕事を終えて帰宅する千鶴を春樹は送りに行く。職場の同僚たちに見られたら色々面倒だと心配する千鶴に、春樹は結婚を申し込む。千鶴はそれに対し・・・。

医師たちの恋愛事情の動画を無料で高画質で見るにはFODがおすすめ

医師たちの恋愛事情は動画配信サービスのFODで無料で見ることができます。

動画配信サービス(VOD)

  • 2週間~1か月の無料期間がある
  • 月額500円~2000円
  • 高画質
  • 広告なし
  • 検索がしやすい
  • ウイルスの心配がない

海外サイト

  • 無料
  • 低画質
  • 広告がじゃま
  • 見たい動画を探すのが手間(英語で検索する必要がる)
  • たまにウイルスにかかる

高画質で快適に動画を楽しみたい方は動画配信サービスを利用することをおすすめします。

動画配信サービスには2週間から1か月の無料期間があるので、高画質で楽しみたい方はまずは無料体験を利用することをおすすめします。

 

ディズニー

 

-未分類

Copyright© アニメ ドラマ動画無料ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.